熱絶縁工事・アスベスト工事・各種保温工事・配管据付工事・足場組立工事・板金工事など何でもご相談ください。

株式会社 響成工業

熱絶縁工事

熱絶縁工事とは、熱を使う工場などでエネルギー効率を高める(省エネルギー)ために装置や配管に断熱材を取り付けるという工事のことです。グラスウール、ロックウールなどの断熱材と、防湿及び防水の組み合わせによって構成され、熱と湿度を遮断し、熱エネルギーを効率的に活用するために施す工事です。熱絶縁工事には、建物の空調衛生設備、また工場、化学プラント設備などの保温、保冷、断熱、防露、防音の効果があります。

私たちは、熱絶縁のプロフェッショナルとして、目的に合わせた技術力で、皆様をトータルにサポートいたします。。

アスベスト除去工事

現在、アスベストによる多くの被害が報告されています。

これは、空中に飛散したアスベストを吸入することで、肺がんなどを発症するというものです。しかも、吸入してもすぐに病気が発症するわけではなく、20年~40年の潜伏期間があります。これこそが、アスベストが「静かな時限爆弾」とも称される理由です。

アスベストの被害から身を守る手段は、アスベスト除去しかありません。平成7年4月1日の法改正にともない、労働安全衛生規制および特定化学物質障害予防規制において、アスベストの規制対象範囲が拡大し、1%を超えて含有するアスベスト製品までを対象とすることとなりました。